【公式サイト】プライムメイツ知多半田 雁宿テラス | 名鉄河和線「知多半田」駅徒歩2分、全72邸の駅前レジデンス | 名鉄不動産の新築分譲マンション

phone
資料請求 来場予約
資料請求 来場予約 当プロジェクトの最新情報や簡易間取図など、魅力満載の資料をお送りいたします。

セキュリティ・構造

  • セキュリティ
  • 構造

STRUCTURE

ずっと快適に暮らすために、見えない部分にも確かなクオリティを。

19本のコンクリート杭

建物の基礎下には、場所打杭頭部鋼管巻コンクリート杭を、強固な地層(約18m〜約19m)下まで打設しています。

基礎杭概念図
ダブル配筋

外壁などは、鉄筋を二重に組むダブル配筋を施工。シングル配筋に比べより高い強度を発揮します。

概念図
溶接閉鎖型筋

柱の主筋を囲むように巻きつける帯筋(せん断補強筋)には、溶接閉鎖型筋を採用。柱の粘り強さを高めています。

概念図
コンクリート強度

主要構造部である柱、梁、スラブには設計基準強度約30〜36N/m㎡(約3,000t〜約3,600t/㎡)のコンクリートを採用しています。

設計基準強度概念図
床・二重天井構造

スラブ厚は約200mm〜約280mmを確保しました。また、将来のメンテナンス性を考慮し、天井は上階の床下との間に空気層を設けた二重天井とし、配管・配線を通しています。

概念図
壁構造

外部に面するコンクリート壁の室内側には、吹付け硬質ウレタンフォーム(断熱材)を施工。冷暖房効果を高め、結露を抑制します。戸境壁は音に配慮し、コンクリート壁厚約180mm以上を確保しています。

※一部の住戸・部屋によっては 別工法を採用しています。 壁構造概念図
打込サイレントボイドスラブ工法

打込サイレントボイドスラブを採用することで、小梁のない開放感のある居室空間を実現します。また、床衝撃音遮断性能にも優れます。(一部タイプ除く)

打込サイレントボイドスラブ工法概念図
LL(I)-4等級フローリング

遮音性の高いLL(I)-4等級フローリング(日本建築学会推奨基準が定める床衝撃音遮断性能に関する評価基準)を採用。階下への音の伝わりを軽減しています。

※日本建築学会資料による。※音の感じ方は、人によって異なります。
防音サッシ

全ての面に25dBの遮音性能を有するT−1サッシを採用しています。

※メーカーの試験結果によるサッシ単体の性能であり、 実際の建物ではこの性能が得られない場合があります。
断熱工法

屋上部分のコンクリート、外壁、最下階住戸のスラブ下などに断熱材を施し、サッシを複層ガラスにすることで断熱性を高め、結露の発生を抑制します。

概念図
アウトポール

構造柱を専有部より外側へ出したアウトポール設計を採用。居室内に柱の出っ張りがなくなり、デッドスペースのないすっきりとした空間を実現します。

アウトポール概念図
住宅性能評価

国が定めた第三者機関の客観的評価に基づく「設計住宅性能評価」を取得。「建設住宅性能評価」も取得予定。

差圧式給気口

住戸内の気圧が屋外より低くなった時に、内臓されている蓋が開き、外気を給気します。

参考写真
24時間換気システム

室内の空気を微風量で循環させ、24時間強制的に換気。お部屋の湿気や匂いなどを追い出し、清潔な空気環境を維持します。

概念図
シックハウス対策

内装建材や家具は、シックハウス症候群の予防効果が高いF☆☆☆☆を採用しています。

※掲載写真は、マンションギャラリー内のモデルルーム(Eタイプ)を撮影(2016年5月)したもので、標準仕様とは異なります。また、家具・備品・植栽等に関しては配置例を示したもので販売価格には含まれません。

※掲載の参考写真・参考イラスト・概念図については、実際のものとは多少異なります。

※掲載の防災備品につきましては、メーカーの在庫状況により、商品が異なる場合があります。※飲料水は、ご用意する家庭用防災備品に含まれておりません。

page top